FRIDAYの記事と日本エンターテイナーライツ協会の釈明について

2020年8月28日

Hプロジェクト株式会社

代表取締役 佐々木 貴浩

平素より弊社を応援いただき,誠にありがとうございます。

愛の葉Girlsに所属されていた大本萌景さんの自死に関しては,2018年10月12日,萌景さんのご遺族から,弊社らに対し,合計9268万円余りの賠償を求める訴訟が提起されております(以下「本件訴訟」といいます。)。

2020年8月21日に写真週刊誌FRIDAYに本件訴訟に関する記事が掲載されました(以下「本件記事」といいます。)。本件記事は「愛媛ご当地アイドル自殺事件 注目裁判の現在」とのタイトルで,本件訴訟の現状を紹介するものでした。

本件記事においては,遺族弁護団が2019年11月25日に「聴取報告書」と題する,当社の元マネージャーや元所属アイドルらから聞き取った供述を記載したとされる書面(本人の署名捺印がないもの)を裁判所に提出したのに対し,被告である当社が,同一の元マネージャー及び元所属アイドルらの署名捺印がある陳述書を提出したうえ,当該陳述書において,元マネージャー及び元所属アイドルらが,聴取報告書に記載されている内容を全否定するという「異常事態」が発生していることが記載されました。

そして,本件記事においては,当社が提出した陳述書の中で,元所属アイドルの橋川美紀さんが,遺族弁護団の一人から「月9のエキストラでもいいから出られるチャンスがあるんだよ。愛の葉Girlsも全国に行きたいんだよね」という話をされたと述べていることが記載されました。さらに,本件記事においては,この証言を裏付ける証拠として,遺族弁護団の一人である佐藤大和弁護士が,グループLINEに送信した「橋川さんの月9のエキストラ出演の件ですが,先方(フジテレビ)に伝えて前向きに検討して頂いております」とのメッセージの写真が掲載されました。

ところが,本件記事について,遺族弁護団と同じ弁護士達で構成される日本エンターテイナーライツ協会は,2020年8月21日にウェブサイトで「写真週刊誌「FRIDAY」(フライデー)の記事について」と題する見解を公表しました。

当該声明においては,月9の出演について記載されたLINEについては「2019年10月に予定されていた当時の所属事務所(フィールド愛の和)と当会が共同して開催する予定であった「萌景さんの追悼イベント」に関してのものであり、裁判に関するものではありません。また、そもそもこのLINEグループには、橋川さんは入っておりません。」との説明が行われています。さらに,遺族弁護団は,「橋川さんから聴き取りをした際には,正確性を確保するため,終始すべての会話を録音しました」としたうえで,「遺族弁護団において全ての録音を精査した結果,当該録音には,遺族弁護士団の1人がFRIDAYの記事に記載された内容を発言したことは,一切記録されていませんでした」とし,橋川さんが,FRIDAYに対し,佐藤大和弁護士から実際には述べられたこともない内容を話したかのような説明が行われました。

しかしながら,遺族弁護団によるこの説明は明らかに虚偽です。佐藤大和弁護士から橋川さんに持ちかけられた,月9のエキストラ出演の話は,以下に述べるとおり,遺族弁護団が用意した陳述書に署名捺印を行う対価として提供されたものであると考えざるを得ません。それにもかかわらず,遺族弁護団は,月9のエキストラの話は,裁判とは全く無関係であり,かつ橋川さんに対して直接持ちかけたものではないかのような虚偽の説明を日本エンターテイナーライツ協会のウェブサイトにおいて行い,橋川さんがFRIDAYに対し虚偽の説明を行ったかのような印象を一般読者に与えました。

当社としては,橋川さんに対する遺族弁護団のかかる名誉毀損行為を見過ごすわけにはいかないと考え,遺族弁護団が橋川さんに対し,陳述書の署名を要請し,橋川さんがこれを断った直後に,佐藤大和弁護士及び望月宣武弁護士が,月9のエキストラ出演や,東京の佐藤大和弁護士が関与する芸能事務所への所属の話を出して橋川さんを説得した一部始終について,録音及び録音の書き起こしを公開致します。

この録音においては,佐藤大和弁護士が「単刀直入に言います。署名押印ください。」と橋川さんに対し陳述書の署名捺印を依頼し,橋川さんがこれを断った直後,佐藤大和弁護士が「具体的に橋川さんが東京でタレントとして活動できる道を示したほうが良いのか」,「むしろメリットが見えたほうがいいのかな」,「これを協力したことによってリターンがあるなら」,「実際それで月9が動いているし」,「芸能界生きていくなら選択の繰り返し」,「そこにメリットがあれば」などと橋川さんを説得しようとしている様子が克明に記録されております。さらに,望月宣武弁護士が「でも大丈夫。必ず橋川さんはサインする日がくる。」,「きちんと損得判断していくということだと思いますよ。サインすることが得だと思うからこそするべきであって,得にならないと思うのならやめたほうがいいし。でもちゃーんと得を提供しますから。」などと述べている様子が記録されています。

これでも,遺族弁護団は,月9のエキストラの話は裁判とは全く関係がないと主張されるのでしょうか。佐藤大和弁護士は,陳述書の作成において,金銭のリターンを提供することはできないと述べておられますが,金銭ではない利益供与をちらつかせることは許されるのでしょうか。

遺族弁護団は,橋川さんから聴き取りをした際には,終始すべての会話を録音されたということですから,陳述書の捺印を拒否された後に,月9の話や,東京の芸能事務所との提供の話を持ち出して説得を行ったことについての録音も当然お持ちのはずですが,それにもかかわらず,「当該録音には,遺族弁護士団の一人がFRIDAYの記事に記載された内容を発言したことは一切記録されていませんでした」などと虚偽を述べられるのはなぜでしょうか。

当社と致しましては,愛の葉Girlsとして活躍されていた元所属アイドルが,このような形で裁判に巻き込まれたうえで,事もあろうに遺族弁護団に名誉を毀損されたことは,誠に遺憾です。

そもそも,橋川さんは,遺族弁護団に対し,遺族弁護団が用意した陳述書への署名捺印を明確に拒否しました。遺族弁護団の聴取に応じたのも,裁判に自分が話した内容が出されることはないとの前提に基づくものでした。それにもかかわらず,遺族弁護団は,橋川さんに無断で,橋川さんの意に沿わない内容が記載された聴取報告書なる書面を提出したのです。

このような騙し討ちのような手法で関係者の証言を得ることが許されるのか,大変疑問です。さらに,陳述書に署名捺印を行わせるために,遺族弁護団が提供する「メリット」として月9の話を持ち出したことを否定する声明文を公表し,橋川さんがFRIDAYに対し虚偽の事実を述べたかのような印象を一般人に与えたことは許されるものではありません。

遺族弁護団のかかる行為について,当社としては,法的にも,弁護士倫理上も,大きな問題があると考えております。

【愛媛ご当地アイドル自殺訴訟】陳述書のサインを得ようと元愛の葉Girlsメンバーに取引を持ちかける遺族弁護団の音声録音【月9】(YOUTUBE)

●録音書き起こし

佐藤:そうですね、あの難しいと思いますが、陳述書にしたいんです。
橋川:いや、ですよね。
安井:お話、今しているところなんですけれど。
佐藤:単刀直入に言います。署名押印ください。
橋川:そうですね。私もまだ24で、正直裁判のこととか全く分からないし、それを書いて今後の将来がどうなるかというのも、聞いた話とかではワーという感じになっているんで、正直怖い。
佐藤:僕たちはずっと裁判というのに関わってきているので、9年以上、陳述書を出して不利益になった人って見たことないですし、デメリットって特にあるものではないんですよ。ただ、皆さん漠然の怖さはあるのかなと思って。
橋川:うん、めちゃくちゃ怖いですよ、私は。
佐藤:それをどうやって拭えるんだろうと思っていて、それは具体的に橋川さんが東京とか、アイドルだったり、タレントで作るというか、活躍できる道筋を示してあげたほうがいいのか、正直僕としてはどうすればいいのかっていうのが分かっていなくて、その漠然の不安を拭うために。陳述書を書いてもらうためというか、不安を拭うためにはどうできるんだろうみたいな。皆さんが持っている漠然な不安って、僕たちからすると経験者なんで、9年も弁護士やってると。
橋川:ベテランですもんね。
佐藤:ある程度中堅の位置だから、そうなってくると、それによってのデメリットというのが、むしろメリットが見えたほうがいいのかなあとか思ったりとか。結構陳述書って協力してくれる人もいれば、くれない人もいたときに、一人一人こうやって説得して、署名押印もらうのも弁護士の仕事の1つだし、そのときに熱い思いを語ったりとか、具体的なメリットの話をしたりとか、将来に対して、これに協力したことよって、「じゃあ、リターンがあるなら」と具体的に言う人もいるんですよ。先生が守ってくれるんだったらとか、先生がリターンをくれるならとか。リターンってお金じゃないよ。お金は渡せないからね。それはやっちゃいけない話なんで。
橋川:危ないですもんね。
佐藤:その代わり、将来に対する道筋作っていきますよとか、その代わりグループ含めて橋川さんの今後の活躍というのをできるだけサポート、リーダーはともかく私としてはやれるよという話をしていったり、実際それで月9は動いているし、ほかの東京の僕が関わっている芸能事務所の提携の話っていうのは進めてるし、山本裕典君とか、いろんな俳優さんいるので。でも、その中でそれが果たしていいのかどうか分からないし、東京の事務所と業務提携して、東京で活躍することが夢にかなうかどうかも分からないし、そこは率直に言っていただけたほうがいいのかな。 橋川:今の段階では私も書くつもりはなくて。怖いというのもあるし、東京うんぬんは置いておいて、そこは正直強く狙ってるんですけど、でも、私個人では体験してみたいなという気持ちはあるんですけど、ほんとにバラエティーとか、いろいろ芸能事務所に入って女優目指したりという、強い……
佐藤:女優?
橋川:バラエティー(笑)。いろいろあるじゃないですか(笑)。そういう道を強く願ってるというわけでもないなって思ってて、でも、こういう話いただいたら、チャンスだなっていうのも正直あるんですけど。
佐藤:そこは覚悟かな。
橋川:そことは、ちょっと。
佐藤:東京だと、僕もいろんなタレントさんの顧問弁護士やってるけど、チャンスがあれば何が何でもつかむというのが東京のタレントさんと俳優さん、女優さんの立ち位置だから、そこで橋川さん自身が、今回の件、別に東京でやってく場合、そのぐらいの、だからといって理不尽なものに対して応じろということは絶対しないほうがいいと思うけれど、目の前にチャンスがあるんだったら飛びつくというのは。

じゃないと、本当に学年とかそういうレベルじゃなくて、学校でスターだったとか、地区でスターだったという人たちが集まるのが芸能界だから、地域とか地区で1位の子たちが、それも各年代ごとに集まるというのが、とてつもないのが芸能界だから、その中で生き残るためには、スターが、県レベルのスターか、市レベルのスターかレベルまで持っていかないと、残れないんですよね、各分野ごとに。そういう覚悟があるんだったら、全然先生は応援するし、結局僕がエキストラの仕事を準備したとしても、ただそれを体験として終わらすのか、チャンスとして使えるのか。

例えば、僕が今、うちの1年目の弁護士を「ビートたけしのTVタックル」に僕が出演したときに連れて行ったんです。こいつは頭に来ることに、僕の出演チャンスを奪って、自分が出るようになりました。こいつは、テレビに出たい、テレビに出たいって言っていて、現場で挨拶回り、しっかりしてたんですよ。そうしたら、現場で佐藤先生よりあの子使ってみるみたいな。そうやって奪っていくんですね、上の仕事を。ボスの仕事さえ奪いますからね。いいのか悪いのかはともかくとして、そのぐらいの勢いがないと今後、本当に覚悟を持ってやらないと、この業界は中途半端じゃ絶対難しいんで。

橋川:だから、いろいろ考えてくれてるのもすごい申し訳ないなと思ってて、私、田舎者なんで、本当に。そういう覚悟というのが多分ないですね、正直いうと。だから、この裁判も、正直、愛の葉Girlsと関係ないのに、何でずっとうちら引き回されるのやろうというのは、ずっと前から思っていて、去年に、始まったときから、大井さんとかもいろいろ動いてて、「ええっ?」と思ってて、1年間活動してきて、いろいろ振り回されてきてみたいな。

なので、裁判のこと無視しようと思って、シャットアウトしてたんですよ。だから、協力するか、しないかという話とかじゃなくて、自分自身、嫌なんで、書きたくないし、20日のやつもあるんで何とも言えないんですけど、申し訳ないなという気持ちもあります。
佐藤:3人ともその発言なんで、僕たちは動くことができない。2人とも、入河さん辺りから、「うん、そうだよね」と。ジョイさんのときは結構熱弁振るって、入河さんには熱弁振るったんですけど、「まあ、そうやろな」と。あとは大井さんとか、皆さんで決定してもらうことやしなと。

多分僕がいくら熱弁振るって、これがどんなに世界的にインパクトがあるかの話とか、そういう話をしたとしても、最終的に決めるのは皆さんなので。それは僕が強要、強制することではないし、僕たちが。皆さん自身が多分覚悟を持ってやらないと、自分たちの行為に対して後悔すると思うんですよ。結局佐藤先生とか、安井先生に言われて署名押印したといっても、その結果についてずっと自分の中で、あれが良かったのか、悪かったのかってモヤモヤするよりは、自分で覚悟を決めて署名押印したほうが、それがいい方向に進もうが、悪い方向に進もうが、覚悟をもっての行動なので、それはすごく大事なんじゃないかな。

本当はご遺族側の弁護士としては何としても欲しいという立場でありますけど、それは置いておいて、本当に皆さんの人生を考えれば、決めるも、決めないも、皆さんの人生だし、行くか、行かないかも、進むか、進まないかも、良しとするか、良しとしないか、選択。

僕も選択の中でここまで来ている人間なので、その選択の中で自分で後悔した選択もあれば、良かったと思う選択もあるし、でも、それって結果論だから、どの選択肢に行こうが。僕もそんなにテレビ出演しようと思ってここまで来たわけじゃなく、結果としてここまで活躍できて、結果として、元々僕は裏話というか、テレビに出たかというと、2011年3月の震災で家族を亡くしてるんですよ。そのときに、当時いた法律事務所の人に200万円あげて。

望月:入らないほうがいい?
佐藤:そうですね。今ちょっと。
望月:内緒の会話?
佐藤:いや、そんなことないですけど。そのときに交換条件で僕は(省略)という法律事務所に入ったんですよ。そのときに、お前はかわいそうな家族を亡くした弁護士としてテレビに出ろと。すごく嫌だったんですよ。家族の死をテレビで活かすなんて。でも、目の前として、家族はその200万円がなきゃ生き残った家族は生活できない。ということは、魂を売ってテレビ出演して、結果今があるので、あのときは悩み苦しみましたけれど、今としては良かったかなみたいな。だから、その選択というのが結果論なので、どうなるかというのは。
橋川:自分に聞いてやります。
佐藤:そうしていただければと思います。
望月:中身の確認は終わった?
佐藤:終わりました。
望月:取りあえず今日は、サインは?
佐藤:全員難しいということで。
望月:そこは無理しなくてよくて、でも、大丈夫。
橋川:何がですか。何が大丈夫なのか分からない。
望月:必ず橋川さんはサインする日が来るって。
橋川:大丈夫ですか、そんなことを言って。
望月:なんてね。してくれると思ってる。
橋川:自分で決めます。
佐藤:ね、選択は。
橋川:こういうの、苦手なんですよ、本当に。
佐藤:でも、芸能界、もし生きていくなら、この選択の繰り返しなんで。
橋川:本当に、怖いですね。
佐藤:その結果があるのが、今も活躍されているタレントさんたち。
望月:きちんと損得判断してくっていうことだと思いますよ。サインすることが得だと思うからこそするべきであって、得にならないと思うんだったらやめたほうがいい。でも、ちゃんと得を提供しますから。
橋川:本当ですか(笑)。
佐藤:そこにメリットがあれば。
望月:今その話を社長としてきて。
橋川:あ、本当に。お疲れさまです。
望月:でっかい話を今、話してきたから。
橋川:本当ですか。
望月:うん。
佐藤:でも、それは本当に自分の人生がハッピーになるんだったら、僕は。
望月:社長は多分得になると思ったと思うけど、でも、その話と、橋川さんが得と思うかは、また別問題だから。
橋川:価値観も違いますしね。生きてきた年数も違うし。
望月:違うし、あと、今後の愛の和の活動と橋川さんの活動が同じ方向を向くかどうかによっても違ってくるし、大井社長は、「こういう方向に行きたいんや」と言ったときに、「私、その方向だとついていけませんわ」となるかもしれないしね。それは本当に違うと思うので。
でも、僕は、あまりそこ、お2人と違って聞いてないんだけれど、橋川さんはタレント業を今後もやっていきたい、も含めてなんですけれど。
橋川:そこは最近すごい悩んでます。
佐藤:そこからなの?
望月:そこから悩んでいるの?
佐藤:やりたいけど、覚悟は踏み切れてないと。
橋川:そう、いろいろあるんですよ、私も。
望月:なるほど。そこからか。でも、何をしたいかということを宣言すれば、周りの人は……
橋川:そう、協力してくれたりとか。
望月:じゃあ、そういうことだったら、こういうことできるよとかいうんで。
橋川:そう、それが今、なくて。取りあえず愛の葉Girlsをやっているというだけで、いろいろ目標も決めてたんですけど、それも変えないといけないと思ってるし、私自身も今後、ソロでやるか、やらないかというのも、いろいろ決めないといけない時期が来るなって。やる気持ちはあるんですけど、でも、いずれは自分のやりたいこととかあるし、実家のほうもみかん農家なんで、それを引き継ぐ後継者というのもいろいろ考えないといけない時期になってきてるんで。
望月:兄弟いないの?
橋川:いますよ。でも、女3人。私含めて、女3人、弟なんですけど。
望月:何番目なんですか。
橋川:3番目なんですよ。姉2人も結婚して、普通に仕事してるんで、私か弟かってなってくるときに、絶対私なんですよ。
望月:そうなんだ。弟さんっていう選択肢ではないんだ。
橋川:そうなんです。
望月:僕、ご両親、この前、お会いさせていただいた。
橋川:失礼しました、いろいろ。
望月:いやいや。
橋川:多分変なこと言ったでしょう?
望月:言ってない、言ってない。
橋川:なので、そういうところも含めて、もう24なんで、遊んでられないなっていうのも正直あって、自分の将来と家族がやっぱり大事なんで、それだし、うちの家のみかんが一番自慢なんで、そこがなくなると私はすごくつらいんで、それを続けるためにもというのを考えると、この愛の葉もずっとやってられないなって。やっててもいいって言ってくれると思うんですけど、多分私がついていけない。パンパンになっちゃうんで。「まだ考えなくていいよ」って言ってくれてるんですけど、考えなきゃいけない時期なのかなっていうのも正直あったりとか。
望月:そういえば、ソロのほうがユニットよりはスケジュール調整しやすいよね。
橋川:調整しやすいっていえば、しやすいですけど。それで私がちゃんと納得いくのかっていうことです。
望月:なるほどね。そんな中途半端にやるくらいだったらスパッと辞めちゃおうみたいなことね。
橋川:そうですね。辞めるっていうのは今のところないですけれど、ゼロか100なんで、やっぱり。そういう感じですかね。
望月:追悼イベントはどうですか。
橋川:追悼イベントですね。ね、本当、準備大変だと思うんですけど。
望月:それから、やる意義をちゃんと見いだせてるかどうかね。
橋川:はい、やらざるを得ないんで。
橋川:はい、ありがとうございました。
佐藤:取りあえず月9は進めていくのは、どうなの?
橋川:月9ですね。
佐藤:うん。出演は結構今、具体的に進めちゃってるんで、それはやる気持ちあるのかな。
橋川:いつぐらいですか。
佐藤:まだ決まってない。
橋川:ですよね。でも、やる方向に行くんだったら、やってみたいです。
望月:演技自体に興味があるの?
橋川:いや、別にないです。なんか東京で……、私、女優志望ないんですよ、全く。
望月:何でじゃあ月9?
橋川:そういう誘いが来て、テレビに出れるチャンスかなっていう。
望月:露出のほうね。
橋川:露出です。そこだけです。事務所の件は、まだ置いておいてもらったら助かります。
佐藤:分かりました。
橋川:月9のやつは、でも、すごい興味あります。
佐藤:興味ある?
橋川:エキストラの。
佐藤:じゃあ、進めても大丈夫?
橋川:ですかね?
?:うん、行こうよ。俺、見に行くぞ。
佐藤:現場に、撮影(笑)。
橋川:見に行くんですね。
?:横でこうやって映して、うれしそうに。
橋川:電話鳴っちゃいますね。
?:大井さんと一緒に僕も現場に行きます。
橋川:エキストラ<聞き取り不能>。
佐藤:僕は多分現場監修のために行くと思います、そのときは。機会があったら演者を紹介できるようにしておきますので。
橋川:私もそこでチャンスをつかみに行くか、行かないかをしっかり……
佐藤:決めて。行くからにはチャンスをつかんでほしい。
橋川:ですね。もったいないですよね。
佐藤:その場で大井さん含めて、名刺交換みんなしてもらって、プロデューサーと、僕が懇意にしている事務所の代表で、あと橋川さんです、今後もよろしくお願いしますと言えれば、それはつながったらでかいんで。時間ですかね。大丈夫ですか。
橋川:そろそろ……、まだか。
?:橋川は全然時間あるけれど。これが終わったんですかね?
佐藤:はい、事実確認は全て終わりました。
望月:3人とも今日はやっぱりサインは難しいということなので。
橋川:すみません、ありがとうございました。
望月:今日、現場が遠いから<聞き取り不能>残念ですけど。
橋川:いえいえ、今日とか全然来なくて大丈夫なんです。
望月:だから、またちゃんと。
橋川:全然いつでも。
望月:いい現場をまた見に。
橋川:忙しいと思うんで、またお願いします。ありがとうございます。

hプロジェクト株式会社

お問い合わせTEL:089-948-9960

E-mail:hpro@ehime-hpro.com

hプロジェクト株式会社

お問い合わせ

TEL:089-948-9960

FAX:089-948-9961

E-mail:hpro@ehime-hpro.com